専門学校と入試

専門学校に進学する方法には、AOや推薦、一般、特待生、社会人入試があります。
AOは、その専門学校が求める人物であるかどうかを審査する方式で、推薦入試は、学校推薦と自己推薦があります。
学校推薦は、所属する学校があなたを推薦する方式で、自己推薦はあなたが自身の能力をアピールする方式です。
その他に、専門学校が特定の高校に指定枠を与える指定校推薦と言う方式もあります。

一般入試は学力検査と内申書を使って試験を行う方式です。
多くの専門学校で面接試験が導入されており、基礎学力のみならず、あなたの人柄も選考対象に含めています。
そして、特待生入試は学力優秀かつ人物も優れている方を対象にした入試です。
推薦入試や一般入試よりも早期に実施され、入学金や授業料の減免が受けられる事が特徴です。
特待生入試は、他の入試に比べ、より厳密な選考が行われます。

社会人入試は、社会人を対象にした入試です。
これまでの社会人としての経験を踏まえつつ、書類選考や面接などを通じて、その人に適性があるかを審査します。
資格取得を目的とした学校で多く取り入れられている入試方法です。

高校生の方は、一般もしくは推薦入試で専門学校に進学する事がほとんどです。
もちろん、どうしても進学したい学校がある方は、AO入試を活用する事も良いでしょう。
大切なことは、その学校で勉強をしている自分を想像する事です。
高い志とやる気があれば、どんな関門も突破できるでしょう。